2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
収穫野菜がほとんどなくちょいと農閑期になっております。


ちょっと不安ですね。^^;;


作業はなにかにあるんですが、ちょっと気がゆるんで睡眠時間が多くなっています。


そんな時をみこしてか?


尻を叩かれるようなメルマガがタイムリーに届いてきますが・・・・。


悪い意味のマイペースを理由にゆる~くやっております。


だもんで、


そんな感じのメルマガ紹介は次回に置いときまして、


今日のメルマガ紹介いきまーす。(いつものゆうさんのメルマガから)





vol.1316[間違い]

ゆうです

おはようございます♪

いつも読んで頂きありがとうございます☆



今日も絶好調にワクワクさまです♪

行きます!

~~~


欽ちゃんのお話です。

~~~


高校生の時は、新聞配達のほかにも、いろんなアルバイトをやった。

西銀座のデパートで、窓と床とお便所をきれいにして、1日340円。

封筒のあて名書きをやって、1日240円。錆付いた鉄板を磨く仕事が一番高くて、1日400円。

賄いを目当てに飲食店の出前のバイトもやった。


ある日、自転車に乗って出前をして、店に帰る途中、

新宿の交差点で信号待ちしてたらさ、


「おまえ、何しやがんだ!」

って、おじさんが顔を真っ赤にして、ボクに近づいてきたんだよ。

「何って、なんなんですか?」

「なんなんですかじゃねぇだろう。ココを見てみろ!」

おじさんの車に横線が入っていたの。

ピッカピカの新車に長いひっかき傷が1本。

ボク知らないうちに、自転車の荷台に載っているアルミ箱の角かなんかで、ひっかいちゃったみたいで…。


「お前が働いてる店はどこだ。店の名前を言え!」

「言わないよ。ボク」

「言わないじゃないだろ、言えよ!すぐに店に連絡しろ!」

店、店の名前って言うから、ボクは言ったんだ。


「おじさん、ボクはアルバイトなの。

1日230円。店のオヤジさん、いい人だから、ボクのかわりに払ってくれると思うけど、

小さな店だし、そんな大金払ったら、大変なことになっちゃうよ。

おカミさん、泣いちゃうよ。だから、店の名前は言えない」


「おまえのウチは?」


「ウチにお金がないからアルバイトをしてるの。

おじさん、むちゃなこと言わないでよ。

ウチの親から取ろうとしてるんでしょ。

親が困らないようにボクがアルバイトしてるのに」


インチキはダメだ。

絶対に逃げないぞ、とボクは思った。


「おじさん、ボクをおじさんの会社まで連れて行って、

その分だけ、働かせるのが一番いい方法だと思うんだよ。

どれだけでも働くから。

おじさんの車のあとを自転車で追いかけてついて行くからさ」


そしたらさ、おじさんが急に。


「君の言っていることが正しいな。

ボクの言っていることが間違ってた」

って。


「オレもキミみたいにアルバイトして、頑張った頃があって、今、車を買えるようになったんだ。

そのことを思い出した。

学校を卒業したら、オレの会社においで。ごめんな…」


おじさん、涙をためて「さよなら」って、

名刺を1枚残して去って行ったの。


ボク、おじさんの背中を見ながら、泣いたよ。

ボロボロ泣いたよ。


ところがさ、ボク貰った名刺をなくしちゃって。

いつか恩返ししようと思ってたのに、なくしちゃって。

オレって、どう言う人間なんだろうかと自分を疑っちゃったよ。


それでテレビに出られるようになってから、

いろんな番組でその話をして、活字でも言い続けたんだけど、

おじさんからの連絡はなし。


昭和62年になって、ボクがテレビをやめようとしたときになって、やっと手紙が来たんだ。


「テレビや雑誌であなたが私のことを言ってくれていることは知っていました。

でもあなたが懸命に働いている時に、名乗り出るのはイヤでした。

あなたがお休みすると聞いたので手紙を書きました。

ゆっくり休んでください」


すっごいでかい会社の社長さんだった。


「ボクが間違っていた」と言える人ってカッコいい。

そういうカッコいい人って、社長になっちゃうんだよね。


~~~

出典

[人生が楽しくなる気持ちのいい日本語]

萩本欣一著

ゴマ文庫より



・・・━━━☆・
今日の1歩
・・・━━━☆・

心に響くお話です


自分の間違いを認めることができるってかっこいいですね☆

~~~



いや~、ええ話だと思いませんか?(笑)


いっぱい気づきがありますよね。


両親のこと、店のこと、自分の立場などよく理解しているし。


全部自己責任で行動ができていて、


だれかれに頼るでなく、自分がしっかり責任をはたそうという思いで生きている。


そういう生き方をしているので、


正しいと思うことを、ハッキリと言える。


また、それを素直に受け入れれるおじさんもすばらしい。


会話の後、2人ともが涙するということは、


ほんとにすべてにおいて絶妙(欽ちゃんやおじさんの性格や境遇等・・・)なやりとりだった証だと思います。


んであ、またあ^^ノ



      クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/472-882e3cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。