2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろやることがいぱ~~~いで・・・・。


何から手をつけていけばいいのやら。


とりあえず、


就農の準備をしながら、


引越しの準備をぼちぼちとすすめ。


15日までの確定申告を終わらす。


これはしないといけないことで。


他にも首をつっこんでいる件がもろもろ。^^;


チャンスです。(笑)


さっそくメルマガ紹介にうつります。


前回のに似た感じのでいきます。


無心に、や本気でといった感じでしょうか・・・。


ひすいさんのメルマガから




いま戻りました~。


福島正伸先生の熱海合宿から東京に。


海って、やっぱり気分が開放されますね。



今回ゲストで、プロゴルファーの中嶋千尋さんがいらっしゃっていまして
http://chihironakajima.com/profile.html


席がとなりだったことから
プロフェッショナルのスピリットはいかなるものかを
質問攻めしてました。


だってほら。

僕にはそれをキミに伝えるミッションがあるからさ(^^♪



キミのために
食べたい「きのこの山」を控え、
休憩時間に中嶋さんのお話を聞かせてもらっていました。


そこで教えていただいた話をご紹介しますね。




ゴルフのツアートーナメントは
108人の選手で開催されます。


スポーツの世界は厳しくて、優勝しなければほぼみなの記憶には残りません。
しかも優勝以外は賞金も激減します。


ところが、優勝できるのは1名だけです。


108人で優勝できるのは、わ、わ、わずかひとり。
確率にすると、約1%です。


その事実を前に
中嶋千尋さんはこう言っていたんです。




「プロのスポーツ選手って
 確率が1%もあれば、十分、『できる!』と思うんです。
 0.1%でも『できる!』って思う」





ワォ!

この話を聞いたとき、ドキっとして、
食べていた「きのこの山」をもつ手が止まりました(なんだ。食べてるんじゃないか!)


1%の可能性にかけて挑むのが日常なんです。







僕らは
可能性が1%のことに
挑んでいるだろうか?








僕らは
可能性が0.1%のことに
挑んでいるだろうか?





あなたがやってみたいことで
可能性が1%ありそうなものって

どんなことがある?




どんなことがある?




それ、やってみない?





可能性が1%のところに、
飛び込んでいくと、
漫画もテレビもいらなくなります。

だってそれよりも
自分の人生の方が面白いから。




この世界で一番面白くないものは、可能性が100%のことをやることです。


例えば、1メートル・トライアスロン。

3秒後にゴールするのでなんの面白さもない(笑)


99%できないことに挑むときに、生まれるのが「感動」です。







仮に失敗しても
そもそも僕らに失うものなど何もない。


何ももたずに裸で生まれて
死ぬときはその体すら脱ぎ捨てて死んでいくんだから。












みんなで、1%の世界に飛び込んじゃうおうか?








せーの


GO! 
1%!


ひすいこたろうでした(^^♪
hisuikotaro@hotmail.co.jp 
 ▲▲▲アリガ島▲▲▲




パーセントは関係なく、


可能性があるかないか”0か1"の世界なんですね。


やっぱりひすいさんて文章で伝えるの上手ですね。


さすが天才コピーライターですよね。^^


って、最後はそこかい!。(ははっ


んであ、またあ



      クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/447-e2b6cf18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。