2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かかったですね。


農作業の方は、


相変わらず蒔いてますよ~。


品種を変えて、


また時期も1週間ほどずらしながら、


小松菜やほうれん草やカブを播種しています。


先日は、


キャベツも定植。


このキャベツ、


苗の状態でず~~~~と、


植えれてなく、


3ヶ月くらい経つ老化苗ですが、


キャベツは全然大丈夫とのこと、


むしろ丈夫になって(暑さに強くなるみたい)よし、みたいです。


あとは、


ハウスのちょっとした修繕であったり。


ハウス内の整理・整頓などをやりながら、


ちょこっと収穫しておりました。


最近はこんな感じでした。^^


ではでは、


今日のメルマガ紹介ですけど、


またまた、いつものゆうさん。




vol.997[履物]

ゆうです

ワクワクおはようございます♪

いつも読んで頂きありがとうございます☆


行きます!

~~~

愛読書「致知」より

購読はこちらから
http://www.chichi.co.jp/

~~~

『履物並べから学んだ人生観』

田村一二 氏



私は六人の息子を持っているわけですが、

彼らがまだ小さいとき、どうしても履物をきちんとそろえられなかった。


叱っても、そのときはそろえるが、

すぐに元通りに戻ってしまうのです。


それで、私が尊敬する糸賀一雄先生にお尋ねしました。


「しつけとはどういうことですか」と。

先生は、


「自覚者が、し続けることだ」


とおっしゃる。


「自覚者といいますと?」


と聞くと、


「それは君じゃないか。

君がやる必要があると認めているんだろう?

それなら君がし続けることだ」


「息子は?」


「放っておけばいい」


というようなことで、家内も自覚者の一人に引っ張り込みまして、実行しました。


実際にやってみて、親が履物をそろえ直しているのを目の前で、

息子がバンバン脱ぎ捨てて上がっていくのを見ると、

「おのれ!」とも思いました。


しかし、糸賀先生が放っておけとおっしゃったのですから、仕方ありません。


私は叱ることもできず、腹の中で、

「くそったれめ!」と思いながらも、

自分の子供であることを忘れて、

履物をそろえ続けました。


すると不思議なことに、ひたすらそろえ続けているうちに、

だんだん息子のことも意識の中から消えていって、

そのうちに履物を並べるのが面白くなってきたのです。


外出から帰ってきても、もう無意識のうちに、

「さあ、きれいに並べてやるぞ」と楽しみにしている自分に気がつきました。


さらに続けていると、そのうちに、

そういう心の動きさえも忘れてしまい、

ただただ履物を並べるのが趣味というか、

楽しみになってしまったのです。


それで、はっと気がついたら、

なんと息子どもがちゃんと履物を並べて脱ぐようになっておりました。


孔子の言葉に、

「これを楽しむ者に如かず」というのがありますが、

私や家内が履物並べを楽しみ始めたとき、

息子はちゃんとついてきたわけです。


私事で恐縮ですが、ここに教育の大事なポイントの一つがあると思います。


口先だけで人に、

「こら、やらんかい」

とやいやいいうだけでは、誰もついてきません。


自分が楽しんでこそ、人もついてくるんだという人生観を、私は履物並べから学んだ次第です。



・・・━━━☆・
今日の1歩
・・・━━━☆・

すごく大切なお話ですね!


「これを知る者はこれを好む者に如かず

これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」

by孔子さま


『楽しむ人』になっていきましょうね♪




やっぱり、”楽しむ”はキーワードですよね。


”感謝”と”楽しむ”を気にかけて行動・生活していきたいです。


んであ、またあ



      クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/417-4d9b663e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。