2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
って、


自分に言ってみた。(ははっ


はたフェスこちら


も無事に大成功のもとに終わり。


安堵の日々を過ごしていると思っているあなた。


あなた!


って、そんなに思っている人はいませんね。


そんな日々は過ごしていません。


8月の頭からやらなければいけない事を、


先延ばし、


先延ば~~~しにしてきたつけがまわってきました。


わかってたんです。(ハイ!


わかっていたんですが・・・・・。


ふたをしてましたが・・・・・・。


この3日ほど睡眠時間 2~3時間ほどでした。il||li _| ̄|○ il||l


なんとかひとやま越えましたが。


まだまだそびえています。


雄大です。


いや、何を書いているのか。^^;


そのまま、メルマガ紹介いっちゃいます。


少し前に しもやんのメルマガに掲載していた一文を。





どんなに苦しいときも

あなたは決して

ひとりではない

すべてから

見捨てられることはない




ある人が

神様と砂浜を歩く夢を見た。



後ろを振り向くと


2人分の足跡が残っていました。


しかし、人生を振り返って

あることに気づく。


自分の人生の中には

ひとり分の足跡しかないところがあった。



それは、その人の人生の中で、

最も辛くて悲しい時でした。


その人は神様に尋ねた。


「どうして、あのときは、

一緒に歩いてくれなかったのですか?」


神様は答えた。


「 愛する我が子よ。

私はあなたを見捨てたりはしない

そのひとり分の足跡は、

あなたを背負って歩いた私の足跡だ。」


この「神様の足跡」のように

人生を歩んだ一人の女性がいます。


彼女は、夫と離婚して

実母が亡くなり

生まれたばかりの娘を抱えて

どん底の生活を送っていました。


それはそれは、

自殺まで考えるほどの

つらいつらい時期でした。


暗く狭いアパートに住んで

国からの生活保護を受けながら

娘の世話をして

就職するために

勉強を続ける日々でした。



そんな彼女の心を支えていたのは、

小説を書くことでした。



娘が眠っているわずかの間、

近所の小さなカフェで

夢中になって原稿を書いていました。


彼女は、書き上げた原稿を

ある出版社に送りましたが

返事は、NO。


ほかの出版社にも、

いくつも送ったけれども

返事はいつもNO。





それでも、彼女は

あきらめませんでした。



そして、

やっとのことで

ひとつの出版社から

OKをもらいました。





彼女の本が、

ついに!

ついに!

ついに!

ついに!

ついに!

ついに!



出版されたのでした。





その本の題は







【ハリーポッターと賢者の石】







そうです。

彼女の名前は、

J.K.ローリング





この本は出版業界の常識を打ちこわすほどの

驚異的なベストセラーになりました。


200を超える国と地域で

67の言語に翻訳され

シリーズの総売上数は、

4億5千万冊。


暗くて狭い、バストイレなしの

極貧アパート状態から

彼女の個人資産は

約1000億円になりました。

エリザベス女王の個人資産を超えてしまいました。



この実話を聞いて、

ここまで読んできて

読者のあなたは

何を感じましたか?

何を思いましたか?



どんなに苦しいときも

あなたは決して

ひとりやないで。

すべてから

見捨てられることなんか

あるわけない

たったひとりで

歩いているつもりでも

その時は神様が

あなたを背負って歩いてくれている時


それに気づかなあかんで。




今回のこの物語は、

中経出版「情熱思考」

著者:是久昌信さんの本から

抜粋した、はんちゃんのニュースレターから

ご紹介させていただきました。




う~~~ん。


すばらしい! 感動ですね。^^


「恐れてはならない。
 
君の心に響く、小さな声を信じ給え!」byガンズィー



ちょっとは熱さのあるもくねんでした。


んであ、またあ



      クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/396-4bdfee10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。