2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにオフな日。


いつぶりやろ~~~・・・・。


思い出せません。^^;


ということで、


家族3人で足摺の方へ。


基本、休みに家にいることはなくどっか出かけてしまいます。


んで、行った先は、


唐人駄馬遺跡でしたぁ~。


一度は行ってみたかった、パワースポット。


場所案内の道の標識にも ”パワースポット”って書いてあるのには ”フフッ^^”っと


してしまいました。


今回は、子供を抱っこしてだったし、


暑かったので上までは登らなかったので、


次回のお楽しみ。


不思議な空間と、なんとなくのパワーを感じてきました。


家に帰ってからは、


トイレや、家周りの掃除とスッキリしました。^^


ではでは、今日のメルマガですけど、


やっぱりゆうさん。(笑)


っと、その前に


今からでもてんつくマンの1000万人署名→よろしくです。



できる方はよろしくお願いします。


ではでは~




vol.844[乞食の天使]

ゆうです

ワクワクおはようございます♪

いつも読んで頂きありがとうございます☆


久しぶりに大好きなプリンを食べました♪
(一週間ぶり)


あ~

幸せです(^o^)


行きます!

~~~



いつもよく働く靴屋のもとへ

あるとき、乞食の姿になった、天使が現われました。



靴屋は乞食の姿を見ると、うんざりしたように言いました。


「おまえが何をしにきたかわかるさ。

しかしね、私は朝から晩まで働いているのに、 

家族を養っていく金にも困っている身分だ。


ワシは何も持ってないよ。
 
ワシの持っているものは二束三文のガラクタばかりだ。」



そして、嘆くように、こうつぶやくのでした。


「みんなそうだ、こんなワシに何かをくれ、くれと言う。


そして、いままで、ワシに何かをくれた人など、いやしない・・・。」



乞食は、その言葉を聞くと答えました。


「じゃあ、わたしがあなたに何かをあげましょう。

お金に困っているのならお金をあげましょうか?


いくらほしいのですか?

言ってください。」



靴屋は、面白いジョークだと思い、笑って答えました。


「ああ、そうだね。じゃ、100万円くれるかい?」


「そうですか、では、100万円差し上げましょう。

ただし、条件が1つあります。

100万円の代わりに

あなたの足を私にください。」


「何!? 冗談じゃない!この足がなければ、立つことも歩くこともできやしないんだ。

やなこった。たった100万円で足を売れるもんか!」


「わかりました。では、1000万円あげます。

ただし、条件が1つあります。

1000万円の代わりに、

あなたの腕を私にください。」


「1000万円・・・!?

この右腕がなければ、仕事もできなくなるし、

可愛い子どもたちの頭もなでてやれなくなる。


つまらんことを言うな。1000万円で、この腕売れるか!」


「そうですか、じゃあ、1億円あげましょう。その代わり、あなたの目をください。」


「1億円・・・!? この目がなければ、この世界の素晴らしい景色も、


女房や子どもたちの顔も 見ることができなくなる。

駄目だ、駄目だ、1億円でこの目が売れるか!」



すると、乞食は言いました。


「そうですか。あなたはさっき、何も持っていないと言っていました。


けれども、本当は、お金には代えられない価値あるものをいくつも持っているんですね。

しかも、それらは全部もらったものでしょう・・・」



靴屋は何も答えることができず

しばらく目を閉じ、考えこみました。


そして、深くうなずくと

心にあたたかな風が吹いたように感じました。



目をあけたとき、乞食の姿はどこにもありませんでした。


・・・━━━☆・
今日の1歩
・・・━━━☆・

無いものを見るより

有るものに気づくこと


既にたくさんのものを与えられているのですね♪

感謝です☆




前にも何回か書いた内容(何でも願いが叶う打出の小槌をもらっても、それを持つ手、振る腕がないと動かない・・・・。と同じ感じですが、


ほんとに健康であるだけですごいことですよね。


最近、身体の不調が多いだけにうなずきます。


みなさん 体調管理気をつけてくださいね。


んであ、またあ


      クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/370-d0b843f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。