2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨ですね。


前回の記事で書いた、


キャベツの定植が半分残っていましたが。


今日の夕方からまた雨が続くとの天気予報。


急いでやらねば!。


ということで、


取り掛かり、


終わったのが2時。


ギリギリ、


アウトーーーーーー。il||li _| ̄|○ il||l


夕方からのはずが・・・・・。


昼過ぎから振り出しました。


さいわいに小降りな時やったのでびちょびちょにはなりませんでした。^^;


今日のメルマガの紹介は、


またいつもの ゆうさんで。


vol.828[さいわいに]


ゆうです

おはようございます♪

いつも読んで頂きありがとうございます☆




てんつくマンさんの呼びかけで

6月6日から始まった、送電線の国有化を願う1000万人の署名!

友達に紹介してどんどん署名お願いします

署名はこちらのフォームからよろしくお願いします。

http://maketheheaven.com/japandream/


行きます!

~~~


人生には、

思う通りにはいかない。

時にこんなはずではなかったということも起きてきます。

そのいかなることも『さいわいに』と受けとめていく

お話を紹介させて頂きます


~~~

私は高校三年のとき、両親を一緒に亡くしました。

町会でフグを食べにゆきその毒に当たって一晩で亡くなりました。


その朝はお弁当をいただいてゆく日で、

いつもなら母が早く起きてお弁当を作って下さるのにその朝はいつまで経っても物音一つしない。


おかしいなと思い、そっと両親の部屋の戸を開けてみると、さんざん苦しんだあとを残して、二人とも息が絶えておりました。


親戚の者が駆けつけ葬式は出してくれました。

借金こそなかったけれど、一銭の貯えもありませんでした。

父が出征していたために、ずっと年の離れて五歳の妹がおりました。


子供二人では家賃がとりたてられないであろうというので、家主が追い出しました。


私は妹を連れ、最小限度の荷物を持って、安い六畳一部屋のアパートを借りて出ました。


とにかく両親に代わってこの妹を育てなければならない、と思いまして、私は働きました。


さいわい就職が決まっておりましたので、

朝は新聞配達、昼は勤め、夜はアルバイトと働き、

二十二、三歳のときには、小さなアパートを買うほどの金はつくりました。


しかし考えて見ますとこの間私は働くことしか考えず、台所も掃除も洗濯も何もしませんでした。


五歳の妹が全部したことになります。

「おしん」というドラマがありましたね。

私の妹だって「おしん」をやりました。

人間、そういうところにおかれるとやるもんですね。


考えて見ますと、私などもし両親が生きていてくれたら、今頃、暴走族か突っ張り族かろくな人間にしかなっていなかったと思います。

両親が死んでくれても、

財産を遺してくれたら、甘えてしまって今の私はなかったと思います。

一人ぼっちだったらやはり駄目になっていたでしょう。


両親が死んだ、金はない、家主が追い出した、幼い妹がいる。

私は本気にならざるを得ませんでした。


私を本気にしてくれ、男にしてくれ、大人にしてくれたのは、

両親が一緒に死んでくれたお陰、財産を遺してくれなかったお陰、家主が追い出してくれたお陰、幼い妹をつけてくれたお陰と感謝しております。


妹には勉強机ぐらい買ってやりたいと思いましたが、

六畳一部屋に食卓と勉強机と二つおいては寝る場所がなくなるので、食卓と勉強机を兼ねてもらいました。


新聞一枚散らかしておいても寝るところがなくなりますから、妹は整理の名人になりました。


今幸いに大きな家に御縁を頂いて嫁いでおりますが、きれいに整頓されております。


妹がよい御縁を頂いて花嫁衣裳を着たときだけは泣けました。

両親に見せたかったと思いましてね。


何もかもありがたいことであったと、

朝晩に両親の位牌にお線香をあげさせてもらっています


~~~

青山俊董尼のお話

心に響くお話です

・・・━━━☆・
今日の1歩
・・・━━━☆・


「谷底へ落ちたら谷底でしか見られない景色がある。

病んだ時は病んでなければ見られない景色があるのです。

どういう状況にあっても、

そこでしか見えない景色を楽しみ、

気づかなかったことを学ばせてもらいましょう。」

by青山俊董尼




楽しめるまではいけない、


まだまだなもくねんです。f^^


んであ、またあ



      
      クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/361-8de62239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。