2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は二日酔いでした。

今日は、何を書こうかと思っていますが、先日ブックオフの100円コーナーで買った。「心をささえる一言」って、本を題材にしようかと・・・・。

パラパラと20分ほど中を覗くと、世界中のいろんな人が言った言葉や、書き記した言葉などをカテゴリー別にダダーーッっと紹介してました。

その中からいくつか紹介します。

どのカテゴリーにしようかと思っていましたが、

女心が全くわかってない!!とよく言われるもくねんですんで。

”女という存在”の中からいくつか

「ものいわぬ宝石のほうが、生きた人間の言葉よりも、とかく女ごころを動かすものだ」
シェークスピア

「女ごころは、だれもその底がわからぬ深淵である」
リコボニ夫人

「女性は澄んだ鏡のようなもので、わずかに息を吹きかけただけで曇る。」
ヒッペル

「女ごころは男ごころよりも清らかなものである。ただ男よりもよく変化するだけだ。」
ハーフォード

「女の涙にだまされるな。」
ドストエフスキー

まあ、長いのから短いのと多数綴っててありますが、いくつか読んでわかったことは、
女ごころは変わりやすい、理解するのは難しいってことですか??

結局「女ごころはわかりません!」ってことが確認できました。(ワラ

ちょっとこれだけでは終われないので・・・・・・・・・。

ためになりそうなのも一つ、

「人生の目的について」のカテゴリーから

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。急ぐべからず。不自由を常と思へば不足なく、心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、怒は敵と思へ。勝つ事ばかりを知って負くる事を知らざれば害その身に至る。おのれを責めて人を責めるな。及ばざるは過ぎたるより優れり。」
徳川家康

なんとなく聞いたことのある言葉が並んでいる感じが見られますが、言葉がだいぶ控えめで、謙虚な感じを受けますね。最後のところも「及ばざるは過ぎたるが如し」って言われることがよくありますが、家康さんは”及ばない方が優れてる”という控えめで、慎重な感じを受けます。

僕もこの言葉に共感を覚え実践したいとは思いますが、一つ”急ぐべからず”が僕にとって難し。、なかなかこの時代、いろんなことに対しての情報の速さや選択支の多さに、ついつい急いでしまうんですよねぇ。

んであ、また

  クリックよろしくっ!→人気ブログランキングへ

   

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/36-321b0a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。