2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しもやんのメルマガを紹介。





まいど、おおきに!!
しもやんです!

本日のガツンと一発!
一筆入魂!

元気が出る言葉
をお届けします。

■今日の言葉はこちら↓

知恵を出せる人は、知恵を出して!

力を出せる人は、力を出して!

お金を出せる人は、お金を出して!

何も出せないって人は、元気出せ!

がんばれがんばれがんばれ
がんばれがんばれがんばれ




キーワードは、

いま自分にできること!



被災地に行って救助活動する人

駅前で募金箱をぶらさげて募金活動する人

コンビニの募金箱にお金を入れる人

電気の節電を心掛ける人



いま、日本人の気持ちは一つになっている。

何もできないからって、落ち込む必要はない。

みんなそれぞれの役割がどこかにあるはずや。


日本がいち早く復興して、平常に戻れるようになるためには、

仕事が出来る人は仕事をする。

商売が出来る人は商売をする。


もう自粛の時期は過ぎた。

自粛を自粛するときが来た。


日本中の血液のめぐりが健康状態に戻るためには、

ぼくらが一生懸命、経済活動をすることや。

お金という血液をどんどん世の中に回してあげることが一番の復興につながる。


平常が保てる人は、平常心を取り戻して、

仕事、商売、勉強に無心に取り組むこと。



お金が循環しだすと、物も循環し始める。


モノやお金を

貯め込むのではなく

流す活動をするとき。


お金が流れだすと、必要な所に必ず流れていくようになる。


明日3月19日(土)の
しもやん筆文字講座も
予定通り開催します。

来週の3月27日(日)
大阪ワンデイセミナーも
予定通り開催いたします。

◆開催中止となったのは、
・3月12日ワンデイセミナーinしもやんランド
・6月28日広島筆文字講座


昨日は、福島県から東京へ避難してきたという、

しもやん通信読者の小学校一年生の裕一郎くんとお母さんが

しもやんランドに来てくれてお手伝いしてくれました。

頼もしい裕一郎君は、こうつぶやいた。

「しもやんは想像以上にカッコイイ!本当にピンクの服を着てるんだね!」だってさ(笑)

裕一郎くん、ありがとよ!


そして一方では、しもやんの心の中では

ずっとずっと気になってた人がいました。

しもやんファミリー歴3年

気仙沼に住む小山さん。



その小山さんから、なんと!

無事の連絡メールが昨日しもやん携帯へ届きました!

*****

気仙沼中学校避難中の小山訓靖です。

みなさんの励ましメール、本当にありがとうございます。

気仙沼中避難場所に昨日仮設電気水道が開通しました。点灯時は全員で拍手でした!!

全国みなさんからのご支援に感謝です

避難場所をお世話いただいてる市役所、役場職員のみなさん、ありがとうございます。

避難所の学校の先生がた、ありがとうございます。

ボランティアのみなさん、ありがとうございます。

今、感謝の言葉しかありませんが、私達頑張ります、よろしくお願いします。

暗くなり、不平不満が出そうですが、しもやんファミリーとしては毎日明るく笑顔で挨拶してます。(子供たちにキモイ連発されながら)

津波のおかげでこんなに長く家族が一緒にいます。(不謹慎ですが)

夜中から朝までメールしか、つながりません。

またメールします。

しもやんの元気を被災地によろしく頼む!!

悲しいのは、自宅と3年分のしもやん手帳がすべて津波に流された。

落ち着いたら、新しい手帳買いにしもやんランドへ行きたいです。

それではまた!!


********


気仙沼の小山さん!

よくぞ、生きててくれた!

元気なお便りメール、ほんとに、ありがとー!

不便が色々あるとは思いますが、小山さんから周りに元気をふりまいて下さい。

次々と、絶望を希望に変える気仙沼の志士といえば、小山訓靖!

しもやんランドに来る日を

楽しみにしてるぜよ。

特別バージョンのしもやん手帳を用意してるからね!



しもやんもこうやって、元気の風を吹かせます!


そして最後に、

こないだ、涙なみだで、
好評だった

日本中で起きている
素敵な話バージョン2

ご紹介しておきます。

******

◆子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、

順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。

店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。

◆気仙沼の友人からメールが届いた!

「生き残った人たちは皆、元気。ヘドロと重油の中でお風呂もトイレもなく、汚れた手でご飯食べてる。悲惨な話も山ほどだけど、それ以上に感動ドラマも!必ず復活するから待っててね」と。涙が止まらない。


◆大事な人が、自衛隊として現地にいます。

24時間で3時間の休憩。メールで「大丈夫?」と聞いた私に

「そのために訓練してるからな。俺には"無力じゃない"って信じさせてくれる人がいるから。気持ちも大丈夫!」そう言ってました。

どうか彼らに、もっと強い感謝の意を。



◆被災地(茨城県)に住む両親にうち(千葉県南房総市)に来るように連絡したら怒られた。

親父、曰く「俺よりひどい被害を受けた人が避難していないのにそんなことはできない、復興が終わったら行ってやるから、自分のできることをやれって」。
ちょっと感動した。


◆みんなの節電の結果がすごいことになったみたいだね。
今日、小学生の弟が自分のお財布から5000円札にぎりしめて、学校の募金箱の中に入れてた。

毎月500円をお小遣いでもらってる弟。10か月分だよ。かなり感動した(:_;)


◆寄ったコンビニで「私達にはこれ位しかできないからねえ」っていって募金箱に、通帳入れかけてるおばあちゃん見てツッコミ忘れて感動した。

◆自宅は、流されて自分は避難所にいるのに、店が大丈夫だったから、って無料でラーメンをふるまっているラーメン屋さん...
日本ってこんなに皆、暖かい...日本に生まれたことを誇りに思う。


◆父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。

「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。


◆避難所で、4人家族なのに「分け合って食べます」と3つしかおにぎりをもらわない人を見た。

凍えるほど寒いのに、毛布を譲り合う人を見た。
きちんと一列に並んで、順番を守って物資を受け取る姿に、日本人の誇りを見た。


◆モンゴル在住の日本人です。
モンゴル国税関全職員が今回の震災義援金のために、給料2日分を募金することをみんなで決定したんだそうです。

これまで20年間の日本政府からの援助協力に対する恩返しであり、友情のあかしを示すのは今だ!ってモンゴル国は燃えてます!




◆妹のmixi日記に泣けた...

『長男@小4が、自分の財布と貯金箱の中身を全部募金したいと、号泣しながら差し出してきた。
コロコロコミック買えなくてもいいから、日本守りたいから!って』


◆募金箱の前にて、幼稚園位の男の子と母親の会話。

母「貯めてたのに本当にいいの?」
子「3DS我慢する。これで地震の人の家建てる。」と言いお年玉袋から5,000円を寄付。

母「偉いね。地震の人、これで寒くなくなるね。」
男の子思わず号泣。後ろにいた私、大号泣。


◆ある自衛隊員が言った。
「被災地で炊き出しをした際、たとえ余っても自衛隊員は絶対食べないで缶詰の冷たいご飯を食べます。

被災地の人用にお風呂を用意しても自衛隊員は入りません。

そして出来るすべての事をやったらひっそりと帰る。それが自衛隊です。」
自衛隊は日本の誇りです。

◆自衛隊の友達から

「死んでも悔いはない」って。

現地に行けない私の分まで頑張っている友達。
私の誇りです!



◆母親に電話した。
「買い物行ったってガソリンも卵も牛乳もなーんもないの(笑)」と笑う母。

いや、笑ってる場合じゃないだろと思い
「東京来ない?」と僕。

「行かないわよ。家族の中で私が一番強いもの。大丈夫!」と母。

西川貴教さんのおかんといい、母は強いな。
きっと被災地のママたちも。天晴れ!


◆ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、

「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、

「自衛隊なめんなよ!今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ!」と返事が。

彼らはタフだ。肉体も、精神も。




◆原発の問題により、福島県いわき市などから数百人単位でつくばに避難者がきた。

つくばのヤンキーが車いっぱいに物資を積んできたのには胸が熱くなった。
大変な立場にいる避難者の笑顔と謙虚さに感動。頑張ろう!


今日は、ここまで!


また、明日!




ほんまに子供の行動には感動です。


やっぱり、


今の自分にできることをやる。


ですね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/331-58c39643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。