2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
農作業が忙しくなるというのに・・・・・・。


今日になってしもうてる。


ってことで、


日記は明日にまわして。


さっそくメルマガ紹介いきます。


ってか、


今日はどんなメルマガを紹介しようか・・・・・。^^;


よし!


最近は読み応えがあったのが多かったので、


今日のメルマガは上の文章と一緒で軽めにしましょう。^^


今日のメルマガは久しぶりのひすいさんでいきま~す。





疑問に思ったことがありました。


僕のカバンはとても大きいのですが、
いつもカバンはパンパンなんですね。


荷物が多いわけですが、
カバンが小さいときは
決してそうではなかったんです。


でもカバンを大きくしたら
なぜか自然に荷物も増えた。




そんなことを考えていたときに
突然、僕の脳天に衝撃が走ったのです。


yabai


これはyabai
すごいものを発明できる!


僕はひとり興奮しました。




その発明とは……

ドラえもんの4次元ポケットのようなものです。


今世紀最大の発明を
僕はしてしまったかもしれません。




その発明がこれです!

→ http://yfrog.com/h0euaqzj


もちろん、
この袋のネーミングは
by天才コピーライターです。


ネーミングはこうです

「The Fukuro of Okashi!」




訳すと

「お菓子の袋」です(そのままじゃねえか)


「The Fukuro of Okashi!」

略して
「ザお菓子の袋」(略してないね)

これがほんとうにすごいのです。

お菓子がいくらでも湧き出る4次元ポケットなわけです。



「The Fukuro of Okashi!」

を思いつき、
お菓子袋をカバンの中に入れるようになってから4ヶ月。


この袋からお菓子が途絶えたことが一度もないんです!(ほんとに!)



僕が買うわけではないんです。
お菓子袋をもっていると、ありがたいことに
お菓子をもらう機会がめっちゃ増えるんです。



お菓子をもらう機会が
めちゃめちゃ増えるんです。
不思議と。




器を用意すると、
そこにモノが引き寄せられるのではないか……




いまはそれを確信しています。


この話を昨日、ぷれしーどさんの講演で
話したら、参加してくれた方が、

「ひすいさん、それ私も経験あります!」と教えてくれました。


彼女は机にキャラクターを飾る棚を置いて
3つくらい飾っておいたのだそうです。


その棚、実はいま
キャラクターグッズでいっぱいだそうです。


他の社員の方が、「これあげるね」って
キャラクターグッズをドンドン棚においていくようになったのだとか。



器が先だ。

中身はあとからやってくる!


うん。
そういうことです。
そう応用しちゃってください。



「The Box of Koibito!」
を用意すればいいんです。




「The Box of Koibito!」
恋人からのプレゼントを入れる箱です。


恋人がいまいなくたって
先に箱を用意しちゃえばいいんです。
その箱にひきつけられて恋人がやってくるはずです。



器が先だ。

中身はあとからやってくる!







追伸

ちなみに僕はいま

「The Stop!
 Fukuro of Okashi!」モードに突入してます。


「The Stop!
 Fukuro of Okashi!」

日本語に訳すと、


「ちょっとお菓子袋この辺で小休止しよーか」です。


お菓子袋からお菓子がなくなることがなく
太ってきちゃったんですね(^^♪



器が先だ。

中身はあとからやってくる!


ひすいこたろうでした(^^♪




確かにそんな気がしてきました。(笑)


人間も器が大きくなったら、


どんどん中身が入ってくるのかな


んであ、またあ



        クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/320-5fc9ec6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。