2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お米、たばこ農家さんの方に行ってますが。


たばこの畝たてが忙しい。


苗は、


苗箱に種を蒔き、


ハウスの中で育て、


そこから、今作っている畝に移植する。


という過程をたどるので、


その時のためのものなんですけど。


この畝たてがなかなか大変。


まあ、耕作面積の広さ(2町4、5反)も関係してますが、


いろいろと肥料や堆肥を人力、機械で投入。


うねを立て、溝をつけ・・・・・。


などの繰り返しを毎日やっております。


明日でやっと半分くらいいくかなぁ~。


相変わらずのマイペース、ぼちぼちやっています。^^


んであ、今日のメルマガですけど。


ここ何回か、心暖まる感じのが多いので・・・・・。


今日もそっち系統で。(笑)


今回もゆうさんのメルマガから(大嶋さんも紹介してました)、


それでは↓


おはようございます

絶好調♪ワクワクさま♪でツイてる♪

★ゆうです★


近頃twitterをはじめた

大好きな「岡むら浪漫」

岡村佳明さんのお話に感動しました

http://www.okamura-wa.com/


行きます!

~~~~~



最近、講演でよくお話しさせてもらうのですが

「親と手をつないでみてください」と言います



先日親父と40年ぶりくらいに

手をつないだ時

なぜか涙がでてきました



そして なぜか、少し自分がやさしくなれた

心が豊かになれた気がしたからです
 


去年の暮れ

八歳になる息子と、イルミネーションを見に行きました


イルミネーションの下を、

手を繋ぎ歩きながら色々考えました


「来年もまたここへ来て、手を繋いで歩けるかな…」


「来年はまだ小学校三年だから、まだ繋いでくれるかな…

でも、再来年は五年生だから…だめかな… 」


「こいつが二十歳になったら一緒に酒呑みたいな…」


その時気付きました



「俺の親父も俺が子供の頃同じように思ったんだ…」



考えてみると

親父と二人きりで、酒を呑んだ事は一度もありません


もちろん、小学生の頃から

何十年も手を繋いだ事などありません

48歳になる自分でも

80歳になる父とっては


永遠に子供…


きっかけを作り、手を繋いでみよう…


そう思いました



二人で親父の好きな八代あきのコンサートに行き

その後 居酒屋で呑みました

酔った親父を介抱する振りをして、

手を繋いでみました



昔より小さくなって

しわになって

やわらかくなった手がそこにありました



その瞬間、自分でもわからないくらい


涙があふれでてきました…



自分はあの日から、

少しやさしい人間になれた気がします



親と手を繋いでみてください…



・・・━━━☆・
今日の1歩
・・・━━━☆・

岡村さん

素敵なお話をありがとうございます

感動しました(ToT)





親子の関係って、


家庭によって全然違うと思いますが・・・・・・。


今のところ、


父と手をつなぐことが全く想像できません。^^;;


んであ、またあ(´Д`)ノ


    クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/303-c7cfe621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。