2017/03 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今はたばこの収穫をやっています。



って、ことで。



基本は外での作業。


暑い中作業をしていたら。



農家さんのおじいちゃんがアイスの差し入れ。ヾ(≧▽≦)ノ



しかも、




2つ!。




・・・・・・・・2ついっぺんに食べるのは・・・・・・・。




って、思ったけど。



溶けるので、一気食い。




見事。




ごさっしの通り、お腹をくだしてしまいました。




じーちゃん!。




サンクス




ところで、前回の続き。



てんつくさんから引用。



今回は省略せずに頑張って全文打ちます。



「天国に持っていけるのは 想い出だけ。」



今までの過去すべての出逢いや出来事によって築かれてきた

現在の地位や収入、住まいに信用や人間関係。

もし突然、それがなくなったら・・・・と想像して

不安になるときもある。



大事故で病院に運ばれ、

家族には助かる見込みはほとんどないと伝えられた方が、

死の淵で幽体離脱の経験を経て、2つのことを思ったそうだ。



ひとつは 「自分も死ぬんだ」 ということ。

いつの日か、自分の人生にも終わりが来る。

それは、明日かもしれないし、50年先かもしれない。



もうひとつは 「自分のものなど、なにひとつない」 ということ。

もしも、それが自分の物ならば、

家も、土地も、貯金も、肉体も、そして奥さんや子供も、

天国にもっていけるはず。

でも、なにひとつ持っていくことはできなかった。

すべては、この世にいる間の借り物で

奥さんや子供はただ、そばにいてくれていただけ。

そんなことに気づいたそうだ。



形あるものはなに一つ持っていくことはできない。

肉体を離れて天国に持っていけるのは、

形のない 「想い出」 だけ。

だから、形や物に執着しないで

目に見えない 「思い」 や 「うれしい気持ち」 を見ようとすると、

なにが大切でなにが必要じゃないかが見えてくる。



お金も才能も使わなければもちぐされてしまうから、

喜びのために使って、人生を楽しもう。



ということです。



PCが苦手なもくねんにはちょっと長かったです・・・・。^^;;



けんど、共感できる部分も多く、



紹介してみたかったので、頑張ってみました。(笑)




たまには読み返したい文章ですね。(*゜▽゜)*。_。)ウン



んであ、またあ



     クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mokunen240.blog25.fc2.com/tb.php/247-d382caf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。