2012/01 |  1234567891011121314151617181920212223242526272829 | 2012/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4,5日前から鼻づまり・鼻水があり。


それに伴ってのどもひどく痛くなったために耳鼻科へ。


診断結果。


花粉症みたい・・・・・。il||li _| ̄|○ il||l


つらいですね。


しかし、


まだ花粉症ではないのではないかと勝手に思い込んでいます。


のどの痛みがひどいので、


これさえなくなれば、


完全回復できるだろうになと・・・。


「自分の身体は自分がよく知っている」


「のどに効く薬をおくれ」


と言ってみたいものです。(笑)


全く見当違いなことでしょう。^^


今日のメルマガ紹介ですが、


長年の疑問が解けたので、


そのメルマガを。




【江戸っ子は物を持たない】№915


法政大学教授の田中優子氏の心に響く言葉より…


江戸では火事が多い。

火事が起こったら、大店(おおだな)は営業ができなくなる。

そこで、川向こうの深川に蔵屋敷を持ったり、材木を備蓄しておく。

店が焼けてしまったら、すぐに人材を集めて7日ほどで仮店舗を建てて開業し、店を再建している間も営業を続けた。


江戸っ子は、したたかでなければ生きていけない。

江戸で外食産業が発達したのは、火事跡に食べ物を供給する屋台が立ったからである。

火事は生活文化も生み出したのだ。


火事で財産を失ってしまうという体験は、意外なことに、江戸っ子に計画性と組織性をもたらした。

防火グッズや再建に必要なものを備蓄しておくこと、そして何より、再建に手を貸してくれる人間関係を大切にするようになった。

火事や地震は地域の人々のつながりがあって初めて、乗り越えられるのである。


宵越しの銭を持たないのは火事が多いからだ、とも言われる。

確かに、計画性があっても結果はどうなるかわからない。

可能な限りの備えをして、それでも火事で焼け出されたら、それは運命として受け容れるしかないのである。


下層庶民は荷物を軽くしておく必要があり、夜具とニ、三枚の着物があればよかった。

江戸時代の人々は「足るを知る」という言葉のままに生きていた。

『江戸っ子はなぜ宵越しの銭を持たないのか?』小学館101新書



江戸時代の庶民はよく引越しをした。

例えば、葛飾北斎は89歳まで生きたが、生涯に93回引っ越したと言う。

物を持っていなかったから、引越しは簡単で、費用もかからなかった。

逆にいうと、家主は競争が激しく、家賃を簡単には上げることはできず、物価も安定していたと言える。

(同書より抜粋引用)


「物を所有しない」、という考え方は、生活様式や価値観を根本的に変える力を持っている。

物を持たない生活者が多ければ、サービス産業が発達する。


江戸には、はき物屋や、床屋もあれば、蕎麦も、寿司も、天ぷらもあり、それも屋台で安く食べられた。

所有するものが少ないと、物を何回もリサイクルして使うため、様々なリサイクル業が繁盛した。


「宵越しの銭は持たない」という、物や金に執着しないのが粋とされた江戸時代。

大激動の今、我々が生き延びるために必要な、大きなヒントが江戸時代には隠されている。




「宵越しの銭は持たない」


という言葉の意味が分かりました。


疑問はふいに解けるもんですね。^^


んであ、またあ



       クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。