2011/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2011/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑かったですね~。


ハウスのポリを剥いでいましたが、


汗がしたたってました。


けんど、夏ほどの暑さではないので、


まあ。いい汗かいたってかんじでした。


しかし、ハウスの上での作業はまだまだ慣れません。^^;;


フラフラしながら、


ハウスの骨組みにしがみつきながらの


へっぴり腰で、


ゆっく~~~りな作業です。


面目ないです。^^;


明日から天気が崩れそうですが、


濡れているハウスは登りたくないな~・・・・。


なんて、


ちょいとビビッてるもくねんでした。


今日のメルマガ紹介はかな~り久しぶりに、


大家族主義の星野 修さんでいきま~す。


では~




おはようございます♪
vol.892
いつも読んで頂きありがとうございます!!

昨日は㈱情熱の矢間くんの結婚式に参加してきました。

㈱情熱の水野元気を支えてるNO2です。

かれこれ3年ぐらいのお付き合いになります。

情熱の会社が成長し、社員も成長する。

心の底から僕もうれしく思います。

やっぱ、結婚式はいいわ♪

=========

それではメルマガいっちゃいます♪

「技術は心と共に磨かれる」

    ↓

    ↓

    ↓

横浜市にある秋山木工には、職人を志願する若者が全国から集まってきます。

競争率十倍という狭き門をくぐりぬけた20数名の男女の研修生が、共同生活の中で職人魂をたたきこまれます。

秋山利輝さん(家具職人)より

毎年、10名近くを採用し、親御さんも面接させてもらっています。

こちらから家へ訪ね、昼食を御馳走してもらうのがきまりです。

昼食に出前など出てきたら、その親御さんは期待できませんね。

お祖母ちゃんが前の晩からそばを打って待っているようなら、そのお孫さんは間違いなく成功します。

親と面接するのは、その子がどんな環境や愛情の中で育てられたかを確かめるのです。

採用されても1年ごとにテストがあり、合格しなければそこで終わり。

テストは仕事の上手い下手ではなく、礼儀、感謝、思いやりや気づかいができるかを見るんです。

一番大切なのは親孝行。

親を喜ばせられない人は、お客さんに喜んでもらうことも感動させることもできません。

うちでは8年経ったら辞めて、自分の道を歩んでもらいます。

8年というのは、腕にまだ不安が残っているから人の言うことが聞けるので、さらに磨かれるんです。

ところが10年もいると、「俺は出来るんだ」という気持ちが先に立ち謙虚さがなくなり、一流の職人にはなれません。

なるほど~

素晴らしい会社には、素晴らしい経営者がいるんです。

秋山さんの姿勢に共感します!!




やっぱりそういうことですよね。


仕事ができるとかできない以前の、


人間性。


礼儀、感謝、思いやりや気づかいなどが重要視されますよね。


トイレの神様ではないですが、


トイレ掃除の好きな方って素敵ですよね。


・・・・・・。


・・・・・。


できてない自分がお恥ずかしい・・・・。il||li _| ̄|○ il||l


んであ、またあ



     クリックよろしくぅ^^→人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。